要綱・規約

茨城県民フォーラム 規約

第1条 (名 称)
名称は「茨城県民フォーラム」(略称:県民フォーラム)と称し、事務所は水戸市内におく。
第2条 (目 的)
県民フォーラムは、綱領及びそれに基づく政策の実現を図ることを目的とする。
    
綱領
1.私たちは、憲法が掲げる「基本的人権の尊重」「国民主権」「平和主義」を堅持し、自由、平等、民主主議に立脚した共生社会の創造を目指し、未来への責任を果たす。

2.私たちは、真の豊かさを求め、生活者、働く者を中心に、社会的弱者の立場に立って県民の福祉と生活の向上を実現する。

3.私たちは、社会正義と公正を貫き、あらゆる差別を許さず、個人が尊重され、多様性を認めつつ互いに支え合い、すべての人に居場所と出番がある「ともに生きる社会」を創る。

4.私たちは、未来を生きる次世代のため、子どもの育ちや学びの環境を充実させ、未来への責任を果たす。

5.私たちは、すべての生活者、働く者の立場に立って社会環境整備し、安心して働き安心して暮らせる社会の実現により、持続可能な地域経済の成長を実現し、県民生活を向上させる。
第3条 (構 成)
県民フォーラムは、茨城県内で県民フォーラムに入会を希望し、綱領、基本政策に賛同するとともに、協定を結ぶ自治体議員・候補者等で構成する。
第4条 (議決機関)
 県民フォーラムの議決機関として、総会、常任幹事会をおく。
1.総会は年一回開催する。
2.常任幹事会は必要な都度開催する。
第5条 (役 員)
県民フォーラムに次の役員をおく。
    1.代  表  1 名    4.副幹事長   若干名
    2.副 代 表  若干名    5.常任幹事   若干名
    3.幹 事 長  1 名    6.会計監査   2 名
尚、代表代行・幹事長代理をおくことが出来る。
第6条 (役員の選出)
役員の選出方法については別に定める。
第7条 (役員の任期)
役員の任期は2年間とし、再任を妨げない。
第8条 (顧問の設置)
県民フォーラムに顧問をおくことができる。
    1.顧問は、常任幹事会の承認を得て、代表が委任する。
    2.顧問は、常任幹事会に出席し意見を述べることができる。
第9条 (役員の任務)
    1.代表は、県民フォーラムを代表する最高責任者とする。
    2.副代表は、代表を補佐し、代表が事故あるときはその職務を代行する。
    3.幹事長は、代表、副代表を補佐し、運営を総括する。また、常任幹事会を主宰する。
    4.副幹事長は、幹事長を補佐し、幹事長が事故あるときはその職務を代行する。
    5.常任幹事は、常任幹事会を構成し運営の執行を決定する。
 
第10条(財 政)
県民フォーラムの財政は、会費、寄附金、事業収入をもってまかなう。
    1.会費は、年間 10,000円とする。
    2.予算・決算は、常任幹事会の提案によって総会で決定する。
    3.財政に関する監査規定は別に定める。
第11条 会計年度は、1月1日より12月31日とする。
第12条 会計監査を2名おき、県民フォーラムの経理を監査する。 
第13条(規定の制定)
県民フォーラム規約を補完するため次の規定を制定し運用する。
    1.役員選出規定
  2.代表選出 選挙管理委員会規定
    3.旅費規定
   
第14条(規約の改正・改廃)
 県民フォーラムの規約については、常任幹事会で決定し、総会で承認を受ける。
 

2018年 2月24日 規約制定