新党設立経過について

【新党設立経過】

1.民進党・希望の党、新党協議会の経過報告について

2/ 4 (日)
民進党大会にて「中道的な新しい党を目指す方針」を定める。

3/29(木)
民進党・大塚代表 民主主義と国民生活を守るために -「新しい民主党」をつくる- を発表する。

3/30(金)
両院議員総会で、民主主義と立憲主義、そして国民を守るために、志を共有する同志で「中道的な新しい党」「新しい民主党」である新党を結成し、一丸となって政権交代を実現することを呼びかけるとの大塚代表の方針が承認された。
そして、まず元民進党議員を中心に結集を図ることとし、直ちに立憲民主党・希望の党に呼びかけを実施。残念ながら、立憲民主党には応じてもらえなかった。

4/ 1 (日)
全国幹事会・自治体議員団等役員合同会議

4/ 2 (月)
連合・相原事務局長 民進党が「新しい民主党」をつくると決定したことを受けての談話を発表する。

4 / 9(月)
民進党の大塚代表、希望の党の玉木代表が党首会談を行い、新党協議会を発足することに合意した。

4/12(木)
新党協議会は、党綱領骨子案、基本政策骨子案、組織・規約・選挙に関する提言たたき台(案)を取りまとめる。

4/20(金)
全国幹事会・自治体議員団等役員合同会議

4/24(火)
党綱領案、基本政策案、組織・規約・選挙に関する合意事項(案)が承認される。

4/27(金)
全国幹事会・自治体議員団等役員合同会議

4/28(土)
民進党茨城県連第1回常任幹事会 
新党動向経過報告および党綱領(案)、基本政策(案)、組織・規約・選挙に関する合意事項(案)等について協議する。

5 / 7(月)
国民民主党設立大会開催
基本理念:「自由」「共生」「未来への責任」
穏健保守からリベラルまでを包摂する国民が主役の改革中道政党を創ります。
リベラル・保守といった単純な二項対立や、特定の主義主張に拘泥するのではなく、国や国民が直面している諸問題に対して現実的に向き合う「改革中道政党」として具体的な解決策を示します。
私たちが重視するのは、「対決」でなく「解決」です。
私たちは、社会保障と経済に強い新党を目指します。

5/13(日)
民進党茨城県連第2回常任幹事会
国民民主党茨城県総支部連合会設立への対応について協議し、国民民主党は民進党が存続政党となり、希望の党が事実上合流する形となったため、名称変更での設立移行を確認する。
自治体議員各位に国民民主党茨城県連自治体議員として、引き続き登録させていただく旨の文書にて発送した。

6/3(日)
国民民主党茨城県連第1回幹事会
国民民主党茨城県総支部連合会設立大会開催について協議し、名称変更での設立報告会と党本部代表による講演会を6月30日に開催することを確認した。