民進党茨城県連第3回 定期大会開催

民進党茨城県連第3回 定期大会開催

民進党茨城県連は、2月24日(土)水戸京成ホテルにおいて、党員・サポートなど約120名参加のもと、第3回定期大会を開催し、2017年度の活動報告および2018年度の活動方針について確認しました。
          
大会議長に第5区総支部の高安博明さん(日立市議会議員)を選出、大畠章宏県連会長あいさつ後、来賓の連合茨城・内山裕会長、青山やまと衆議院議員、浅野さとし衆議院議員より連帯と激励のあいさつをいただきました。

2018年度の主な活動方針は次の通りです。
1.新しい政治団体への協力について
地域政治団体「茨城県民フォーラム」の設立、および「茨城県版マニフェスト」の作成に協力します。
2.県議会議員選挙、統一地方選挙、次期国政選挙対策について
友党との協力関係を構築し、各団体との連携に努め積極的に候補者を擁立し、連合茨城・支援団体とともに全候補者の当選に向けて取り組みます。
3.県連・各総支部の運営基本方針について
(1)地域の政治は「地域主催」を基本とします。
(2)県連・各総支部の運営は、自治体議員を中心に行います。
(3)現職国会議員は顧問とします。
(4)幹事会の承認を得て、友党の国会議員は、オブザーバー顧問とすることができます。
(5)幹事会の承認を得て、友党の選挙区総支部と合同幹事会を開催することができます。
役員改選では、大畠章宏会長が最高顧問に就任し、後任の代表には長谷川修平県議会議員が選出されました。また、幹事長には佐藤光雄県議会議員が指名されました。

議事終了後には、地域主催のもとで県民のための新しい政治を推進し、県民が安心して暮らせる共生社会を守るため、年末に行われる県議会議員選挙勝利に向けて全力で取り組むことを誓い。

民進党茨城県連第3回 定期大会開催
長谷川新代表の音頭によりガンバローを三唱し閉会しました。

茨城県民フォーラム設立大会開催

民進党茨城県連第3回定期大会・講演会(地域主権による新しい政治:北川正恭氏)終了後、茨城県民フォーラム設立大会を開催しました。
・綱領(5項目)
・基本政策(10の基本政策)
・規約(第1条~第4条)
・活動方針
役員体制の報告がされ、全会一致で承認されました。

主な活動方針項目
1.地域主権に向けた取り組み
2.政策実現に向けた取り組み
3.組織拡大に向けた取り組み
4.県議会議員選挙、統一地方選挙に向けた取り組み