民進党茨城県議団が知事へ県政要望

民進党茨城県議団が知事へ県政要望
左から二川英俊県議・設楽詠美子県議・長谷川修平代表・知事・佐藤光雄県議・齋藤英彰県議

民進党茨城県議団(代表:長谷川修平県議会議員)は、12月21日に大井川和彦知事に対し県政要望を行いました。

重点課題として、人口減少社会への対応、健康で安心した子育て環境の充実、安心の医療・介護の推進、教育環境の充実、安住・交流人口の増加に資する対策、安定した雇用の確保、貧困・格差の是正などを政策の重点に置きました。

具体的政策として、

  1. 防災、減災対策
  2. 女性が働きやすい職場環境の整備
  3. 少子高齢化対策
  4. 地域医療構想実現のための計画策定
  5. 教育機会の保障と環境整備
  6. 地域活性化とまちづくりの推進
  7. 中小企業への支援強化
  8. 労働、政治教育の推進
  9. 県北地域振興
  10. 公共交通の確保など

平成30年度予算編成への反映を求めながら、新規49項目と一部改訂を含む1,090項目を要望しました。