国民民主党茨城県連2019年度定期大会開催 – 国民民主党 茨城県総支部連合会

国民民主党茨城県連2019年度定期大会開催

国民民主党茨城県連は、2月16日(土)水戸市内において、党員・サポーターなど約130名の参加のもと、2019年度定期大会を開催し、2018年度の活動報告および2019年度の活動方針について確認しました。
 大会議長に第4区総支部の武藤猛さん(ひたちなか市議会議員)を選出、長谷川修平県連代表のあいさつ後、来賓の大井川茨城県知事、郡司参議院副議長、増子本部幹事長代行、内山連合茨城会長より連帯と激励のあいさつをいただきました。

役員改選では、長谷川代表が顧問に就任し、後任の新代表には浅野哲衆議院議員が選出されました。また、幹事長には二川英俊県議会議員が指名されました。その他の役員体制については、役員体制ページを参照願います。
議事終了後には、4月21日投開票の統一地方選挙予定候補者が紹介され、地域主権のもとで県民・市民のための新しい政治を推進し、県民・市民が安心して暮らせる共生社会を守るため、統一地方選挙勝利に向け全力で取り組むことを誓い、浅野哲新代表の音頭によりガンバローを三唱し閉会しました。