国民民主党茨城県連が知事へ豚コレラ対策強化を要望 – 国民民主党 茨城県総支部連合会

国民民主党茨城県連が知事へ豚コレラ対策強化を要望

国民民主党茨城県連が知事へ豚コレラ対策強化を要望
左から遠藤県議・設楽副代表・浅野代表・宇野副知事・齋藤副代表・二川幹事長・高安県議

国民民主党茨城県連が知事へ豚コレラ対策強化を要望

国民民主党茨城県連(代表:浅野哲衆議院議員)は、9月26日に大井川和彦知事に対し、「豚コレラ対策の強化を求める要望」を行いました。

要望は、昨年9月に岐阜県において26年ぶりに発生が確認された豚コレラについては、愛知県、三重県、福井県で発生が確認され、今月には長野県、埼玉県でも発生が確認されるなど、感染拡大の一途をたどっており、近隣県で発生が確認されたことにより、本県での発生リスクも日増しに高まっていることから、茨城県として、感染状況の把握、侵入防止対策、関係団体との事前協議、ワクチン投与の説明と協力要請、風評被害対策、海外からの水際対策の6項目の早急な実施を求めました。

要望書全文は、こちらから