ウォータースタンド クレームはある?悪評などは?

悪評・クレームに関してというより悪い口コミは見受けられます

いわゆるクレームや悪評と呼ばれる評価の中で、深刻なレベルはありませんでしたが、それでもウォータースタンドをやめたという方もいるのは事実です。
その原因としてあるのは、置き場所が基本的に水栓からあまり離れないようにする為に、キッチンなどの周辺の置かれる事が多いです。
これは水道直結型故の問題なので、仕方ないかもしれません。
また、単純にサーバーによっては料金が高くなるケースが多く、通常のウォーターサーバーと比較しても思ったより料金が高くなる傾向にある場合もあります。

デメリットを感じる人も【ガーディアンなどは確かに便利ですが…】

とても優れているウォーターサーバーなのは確かなのですが、その反面デメリットを感じる方もいらっしゃいます。
いま人気で契約数もうなぎのぼりであろうウォータースタンドの【ナノラピアガーディアン】ですが、口コミではたしかに評判・評価は高いです。
しかし、このサーバーの料金は、電気代も含めると5000円近くになります。
一般的に、従来のウォーターサーバーであれば口コミなどの情報から、2本購入で3000円程度で済むので、それよりも2000円近く高い料金となります。
もちろん、使い放題ゆえに安いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、一人暮らしなど消費量の少ない場合ですと損に感じてしまうかもしれませんね。

電気代も機種によっては高くなる傾向|購入システムはありません

ウォータースタンドのサーバーですが、先ほど触れたガーディアンでしたら電気代は150円程度で済ますことも可能です。
ですが、それ以外のサーバーですと、場合によっては1000円近くする機種もありますし、平均してだいたい800円程度はかかると考えた方が良いかもしれませんね。
結局の所、このウォーターサーバーが合うという人は、だいたいがお水の消費量が多いご家庭です。
ご家族であれば、赤ちゃんのミルク用にや、旦那さんが持っていく水筒のお水、料理で鍋などをよく使う時などですね。
本来であれば、思い切ってサーバーの買い切り(購入)システムがあれば良いんですが、ウォータースタンドはレンタルのみのサービスなので、そこはどう妥協するかが重要になると思います。

サイズは機種によって大きい場合も|ネオは割と大きい

ウォータースタンドでレンタルできる機種は、種類によってはサイズがかなりコンパクトで小さいものもありますが、その反面機能面やフィルターの搭載数によってサーバーのサイズが大きい場合もあります。
その中でも、ナノラピアネオという製品は標準的な機能を備えつつお水の出る量も十分ですが、割とサイズは大きめです。
もちろん、卓上型なのでテーブルの上に置ける意味では他社の従来のウォーターサーバーと比較してコンパクトなのは間違いありません。
引っ越し時なども、ウォータースタンド株式会社の業者さん的にも持ち運ぶのにそこまで苦労しないでしょうし、ユーザーであるわたしたちにとってはとくに邪魔になるほどのサイズではありませんが…
気になる方は、サイズが小さいナノラピアメイトやナノラピアガーディアンあたりが良いかもしれませんね。

料金の支払い方法と変更は?種類によってどのくらい料金差があるか

料金の支払い方法ですが、これは基本的にどのウォーターサーバー業者でも同様だと思います。
つまり、クレジットカードによる毎月の引き落としです。
さすがに現金払いだとかはできませんが、もしかすると今後口座振替なども対応変更してくれるかもしれませんね。
こればかりは、ウォータースタンドの今後の方針にもよると思いますが…
ちなみに、支払い料金はサーバーによってかなりの差額があるのでご注意ください。
公式サイト内でも記載はあると思いますが、卓上型ではなく床置き型などの大きなサイズだとか、除菌機能を搭載したレベルの高い機種ですと8000円とか10000円近いものもあります。