The Democratic Party

TEL. 029-224-5211

〒310-0805 茨城県水戸市中央1-5-6

                            
  統一地方選挙候補予定者、決定!         2014.12.21
 12月21日に開催した県連第8回常任幹事会において、来たる統一地方選挙候補予定者として、次の方を決定いたしました。

  ○ 筑西市議会議員選挙 (公認) 石島 勝男  現職
  ○ 石岡市議会議員選挙 (推薦) 岡野 孝男  現職


  衆議院総選挙・県議会議員選挙結果         2014.12.15
・第47回衆議院総選挙(12月2日公示 12月14日投票)
 茨城県第5選挙区
 当選 大畠 章宏(公認・前) 60,688票
(9期目)
   茨城県第1選挙区(比例北関東ブロック)
 当選 福島 伸享(公認・元) 77,179票 (2期目)
   茨城県第4選挙区
 次点
 高野  守(公認・元) 41,507票
   茨城県第6選挙区
 
 次点 青山 大人(公認・新) 85,120票

・茨城県議会議員選挙(12月5日告示 12月14日投票)
 水戸市選挙区
 当選 佐藤 光雄(公認・現) 18,927票
(3期目)
   筑西市選挙区 
 当選 設楽詠美子(公認・現) 13,941票 (2期目)
   日立市選挙区
 
当選 長谷川修平(公認・現) 無 投 票   (7期目)
   日立市選挙区
 
当選 齋藤 英彰(公認・現) 無 投 票    (2期目)
   ひたちなか市選挙区
 
当選 二川 英俊(推薦・新) 17,671票 (1期目)
   土浦市選挙区
 
次点 今野 貴子(公認・新)  9,699票
   取手市選挙区
 
次点 竹原 大蔵(推薦・新)  8,602票

  民主党県議団が知事へ県政要望           2014.11. 17
 民主党茨城県議団(代表:長谷川修平県議)は、11月14日、橋本昌茨城県知事に対し県政要望を行いました。
 重点要望としては昨年度に引き続き、人口減少社会に対応するための取組みとして、超少子高齢化への社会保障の充実、子育て支援制度・高齢者医療制度の充実など、具現化へ早急な対応を求めました。
 あわせて雇用対策、震災復興の推進、自然災害への対応、学校教育の充実・環境整備など、県民が安全・安心・快適に暮らすための社会環境の充実に向けた要望となりました。
 具体的には、①人口減少対策に向け全庁を挙げた取組み、②医療・介護体制の充実、③「子ども・子育て支援新制度」への円滑な移行支援、④異常気象による農業被害への対策、⑤東日本大震災に係る復興の推進と風評被害対策、⑥児童生徒の暴力行為防止に向けた対策など、平成27年度予算編成への反映を求めながら、計980項目を知事へ要望しました。

  衆院選・県議選候補予定者、決定!         2014.11.17
 11月16日に開催した県連第7回常任幹事会において、来たる県議選候補予定者として次の方を決定いたしました。

  ○ 県議選・土浦市選挙区 (公認) 今野 貴子 新人


  自治体選挙結果                  2014.11.17
 任期満了に伴う「ひたちなか市長選挙」が11月16日投開票され、民主党茨城県連推薦候補が再選を果たしました。
 
『選挙結果』
 ・ひたちなか市長選挙 立候補者 2 投票率 43.03%)
 当選 本間 源基(60) 27,799票 推薦 現4

  県議選・統一地方選候補予定者、決定!         2014.10.20
 10月19日に開催した県連第6回常任幹事会において、来たる県議選・統一地方選候補予定者として、次の方を決定いたしました。

  ○ 県議選・取手市選挙区 (推薦) 竹原 大蔵  新人
  ○ 石岡市議会議員選挙  (推薦) 村上 泰道  現職


  自治体選挙候補予定者、決定!         2014. 9.16
 9月13日に開催した県連第5回常任幹事会において、来たる首長選及び統一地方選候補予定者として、次の方を決定いたしました。

  ○ ひたちなか市長選挙  (推薦) 本間 源基  現職
  ○ 水戸市議会議員選挙  (公認) 小室 正己  現職
               (推薦) 綿引  健  新人


  集団的自衛権閣議決定撤回求め、JR水戸駅で街頭演説会    2014. 8.16

 8月16日、JR水戸駅南口ペデストリアンデッキにおいて、民主党大畠章宏幹事長、郡司彰県連会長、藤田幸久県連副会長による、茨城県連街頭演説会を開催しました。
 集団的自衛権に関する街頭演説は、7月20日のJR勝田駅前に続き県連としては2回目の開催となりました。演説会は小雨の降る中、地元水戸市選出の佐藤光雄県議の司会により、閣議決定の撤回を求めて県民及び市民の皆さまへお訴えをさせていただきました。
 大畠幹事長は、「国民への説明がまったく不充分であり、与党内にも反対がある。安倍首相の暴走をストップさせるために、国民の皆さんにも政治の現状をしっかり見極めていただき、閣議決定の撤回に向け声を上げてほしい。」と力強く訴えました。
 郡司県連会長からも、「集団的自衛権を行使すれば、自衛隊・NPO等危険にさらされるのは明らか。安倍首相は着実にこの国を変えようとしており非常に危険な状況にある。皆さんも、この機会に平和の大事さを考えてほしい。」と訴えました。
 なお、演説中に実施した街頭アンケート調査(対象者50人)では、集団的自衛権行使について「賛成」24%、「反対」62%、「わからない」14%という結果となり、反対の声が圧倒的多数で賛成を上回りました。

  自治体議員選挙結果                  2014. 7.28
 任期満了に伴う「常陸太田市議会議員選挙」「常陸大宮市議会議員選挙」が7月27日投開票され、民主党茨城県連公認候補、推薦候補が共に再選を果たしました。
 
『選挙結果』
 ・常陸太田市議会議員選挙 (定数20 立候補者21 投票率 56.91%)
 当選 赤堀 平二郎(64) 608票 公認 現2
 ・常陸大宮市議会議員選挙 (定数20 立候補者24 投票率 68.73%)
 当選 大貫 道夫(66)  877票 推薦 現2

  「集団的自衛権行使」閣議決定撤回を求め、街頭演説会を開催   2014. 7.20

 7月20日、ひたちなか市・JR勝田駅東口において、民主党大畠章宏幹事長をはじめ茨城県連三役による街頭演説会を開催しました。
 演説会は長谷川修平県連幹事長司会のもと、郡司彰県連会長、地元第4区高野守総支部長、大畠章宏民主党幹事長、藤田幸久県連副会長の順でそれぞれマイクを握り、「集団的自衛権行使」閣議決定の撤回について、駅利用者及び多数の市民の皆さまへお訴えをさせていただきました。
 演説の中で大畠幹事長は、集団的自衛権をめぐる安倍政権の閣議決定について、「国民への説明がまったくなされていない、国会での審議も不充分」「与党内の密室での話し合いの過程に問題あり」「自民党内部及び与党支持者からも疑念が持たれている」等々指摘、閣議決定には断固反対し今後も強く撤回を求めていくとともに、安倍首相の暴走を何としても止めなければならないと訴えました。                         


  「ご意見・ご要望を聴く会」
  「参議院民主党政策審議会と県内各種団体との意見交換会」を開催
   2014. 6. 9
 「ご意見・ご要望を聴く会」
 6月5、6日の2日間「ご意見・ご要望を聴く会」を開催し、県内各団体の皆様より国政及び県政に対するご意見・ご要望を拝聴させていただきました。
 東日本大震災から3年が経過した中で、風評被害をはじめ震災復興に関する要望は未だに少なくありません。このように関係団体からの生の声を、国会議員及び県議会議員が直接お聴きすることは非常に重要と考えます。
 今回いただいたご意見・ご要望につきましては従来同様、党本部及び県の関係部署へしっかりと要望していくとともに、今後の政策へと活かさせていただきます。

 「参議院民主党政策審議会と県内各種団体との意見交換会」

 「ご意見・ご要望を聴く会」2日目終了後、参議院民主党政策審議会より大塚耕平会長を招き、県内11団体の代表者及び役員の皆様にご出席をいただき、意見交換会を開催しました。
 まず最初に郡司彰県連会長、大塚耕平参議院政審会長がそれぞれ挨拶後、各団体の皆様よりご要望等ご意見をいただきました。これを受けて大塚政審会長からは、まず日本経済の現状と課題についてご説明いただいた後、個別の要望項目毎に民主党の政策、考え方についてお答えをさせていただきました。

  常磐線の東京駅乗入れについてJR東日本へ要望    2014. 5.22
 5月21日、県連・郡司彰会長、藤田幸久副会長、佐藤光雄副幹事長、青山大人副幹事長、県内自治体議員総勢10名によりJR東日本本社を訪れ、常磐線の東京駅乗入れに関する要望を行いました。
 東北縦貫線(上野東京ライン)開業までの残り期間は僅かとなりましたが、利用者の皆さんの乗換労力軽減、県内地域の活性化と発展に向けて、乗入れが一本でも多く実現するよう、精一杯取り組んでいくこととします。

  大畠幹事長来県、「憲法記念日」街頭演説会を開催        2014. 5. 3

 5月3日の憲法記念日に「憲法理念を守ろう!立憲主義を守ろう!」民主党全国街頭演説キャンペーンとして、水戸駅南口に於いて街頭演説会を開催しました。
 演説会は、地元水戸市選出の佐藤光雄県議司会の下、党本部より駆け付けた大畠章宏幹事長、県連郡司彰会長、藤田幸久副会長がそれぞれマイクを握り、現行憲法の基本理念や主権者である国民が憲法を通じて権力の暴走を抑制するという、立憲主義の重要性を呼びかけました。
 特に大畠幹事長からは、集団的自衛権行使に関わる憲法解釈の問題、特定秘密保護法の問題点、安倍内閣が進める労働法制の改悪等、現在の政治状況及び党としての考え方について、市民の皆様へお訴えをさせていただきました。

  自治体議員選挙予定候補者、決定!         2014. 4.28
 4月26日に開催した県連第2回常任幹事会において、来たる自治体議員選挙の予定候補者として、次の2名の方を決定いたしました。

 
 ○ 笠間市議会議員選挙   (推薦) 鹿志村 清一 現職
  ○ 常陸大宮市議会議員選挙 (推薦) 大貫 道夫  現職

  自治体議員選挙予定候補者、決定!         2014. 3.17
 3月16日に開催した県連第1回常任幹事会において、来たる自治体議員選挙の予定候補者として、次の方を決定いたしました。

 
 ○ 常陸太田市議会議員選挙 (公認) 赤堀 平二郎 現職

  自治体議員選挙結果                  2014. 3. 3
 任期満了に伴う「城里町議会議員選挙」が3月2日投開票され、現職で民主党茨城県連推薦候補の河原井大介さんが再選を果たしました。
 
 
『選挙結果』
  ・城里町議会議員選挙(定数16 立候補者18 投票率 61.6%)
 当選 河原井 大介(34) 887票 推薦 現3

  県連第17回定期大会を開催             2014. 2.17
 民主党茨城県連は2月15日、水戸市「水戸京成ホテル」において第17回定期大会を開催し、党勢拡大・県議会議員選挙必勝に向けた総がかり体制の確立・東日本大震災の復興など、2014年度活動方針を決定しました。
 大会は、前日からの荒天にもかかわらず党員・サポーター100名が出席、来賓には和田浩美連合茨城会長にご臨席いただき、激励と連帯のごあいさつを頂戴しました。
 議長には第5区総支部の西野英夫さん(北茨城市議)を選出、第1号議案(活動方針)、2号議案(予算案)が長谷川幹事長より提案され、全会一致で承認されました。また、第3号議案(県連会長選挙)においては郡司彰会長、長谷川修平幹事長の再任が承認され、2014年度の県連役員体制が決定しました。
 なお議事終了後には、来たる県議会議員選挙の予定候補者及び、2月25日告示・3月2日投票で行われる城里町議選の河原井大介予定候補が紹介され、必勝に向け全力で取組むことを出席者全員で確認し、最後に郡司会長の音頭で団結ガンバロー三唱を行い閉会しました。
郡司彰県連会長挨拶  
 【 県議選予定候補 】左より: 二川英俊・設楽詠美子・齋藤英彰・青山大人・佐藤光雄・長谷川修平 
 
 <海江田万里民主党代表が来県>
 定期大会終了後に開催された県連パーティ「2014陽春のつどい」において、海江田万里民主党代表が来賓としてご出席され、約400名の参加者を前に党本部を代表しご挨拶をいただきました。
・海江田代表挨拶要旨
 先の党大会で承認された2014年度活動方針の一番の肝は、2015年春の自治体議員選挙で勝利することであり、何としても勝利して民主党の再びの政権奪取に向けた戦いにしたい。そのためにも12月の茨城県議会議員選挙は重要であり、現職とあわせて2桁の議席確保を目指して頑張っていただきたい。党本部としてもしっかり応援したい。
 民主党は、暴れ馬となっている安倍政権に対し野党第一党として手綱を引き締めていく役割がある。自民党政治に対峙できる、もう一つの日本の国の選択肢を示していかなければならない。茨城の地から民主党が政権奪取に向けた着実な、確実な一歩を踏み出してほしい。

ページTOPへ          2013年